自己破産をした過去があっても車ローンは保証人がいれば大丈夫?体験談と解決策




自己破産をしていても車のローンは保証人が居れば購入することができるのでしょうか。

どんな人にでも保証人になってもらうことができれば自己破産していても車ローンを組めるなら頼みたいですよね。

そこで自己破産をしていてもどんな人が保証人になってくれれば車ローン組めるのか体験談と解決策をお送りします。

自己破産から7年半で保証人いればローン組める?の体験談1

質問

自己破産をして7年半になります。

今回車の購入をしたいと思っています。ローンは組めますでしょうか?

保証人が居れば組めるのですか?

回答

破産の時に利用していた金融機関では一生あなたの破産情報が残るで借りられません。どんなことがあっても。
それ以外の金融機関でもいい年齢の人間がスーパーホワイトだと過去に何かあったと判断されて連帯保証人を要求される事がほとんどとなりますね。

車ローンは連帯保証人が支払う?の体験談2

質問

車のローンが190万円他にも90万円程借金があります。

私が仕事が出来ず支払いも出来なくなるので自己破産しようと考えているのです。でも、車のローンで連帯保証人をつけています。

そこで私が自己破産したら連帯保証人に190万の請求がいくのですか?

回答

そのための連帯保証人なのでもちろん行きます。

自己破産の申し立てをする前に、連帯保証人には一言言っておいたほうがいいですよ。

自己破産をしていても保証人なしで借りれる?の体験談3

質問

自己破産者が5百万円の借金が可能でしょうか。

保証人、担保も無くて果たして可能ですか?

回答

延滞の場合の掲載期間は、延滞継続中はもちろん、延滞解消後1年から5年。

自己破産した場合は、その情報が5年から10年は登録されています。

事故情報がある限り借りられませんよ。

 

自己破産をしていると保証人が居ても借りられない事はありますね。