自己破産しても車ローンは保証人が居れば可能?体験談と解決策

自己破産をしても車のローンは保証人が居れば組むことができるのでしょうか。

やはり自己破産をしていると保証人の有無にかかわらず車のローンは厳しいのだろうと思いますよね。

しかし車が無いと困ってしまうという場合、なんとかしてローンを組みたいものです。

そこで自己破産をした場合の車のローンと保証人について体験談と解決策をお送りします。

 

自己破産していても車ローンの保証人になれる?の体験談1

質問

自己破産しても保証人になれるのでしょうか。
3年前に、自己破産をしました。

別居中の主人も、1年ほど前に自己破産してると聞きました。
そんな状態の中で、20歳の娘の車のローンは通りますか?
また、そのローンの保証人や、アパートの保証人に私はなることができますか?

回答

ローンの保証人に関しては信販会社がOKすれば大丈夫です。

し信用情報真っ黒な人をOKにするはずがありません。

まず審査に通らないと考えるのが普通でしょう。

自己破産するとローンは保証人が払う?の体験談2

質問

車のローンで知人の連帯保証人になりました。

しかし自己破産してしまい、請求が私にきたのです。

私は自己破産したのも知らず、請求が来て知人に問い合わせてから知りました。

知人はその請求は支払うといってますが、ローン会社から催促の電話やはがきがきました?

これって放置したらどうなりますか?
また知人が支払わなかった場合、私は請求から逃れられませんか?

回答

ローン会社から車の販売店へは全額支払われていますね。

督促状はおそらくローン会社からの請求書は一括請求がくるでしょう。
連帯保証人ですから無視したら告訴されてしまいます。
一度信用を失った知人はローンを組み直したりすることは不可能です。

販売店で車を引き揚げて貰った方が貴方への被害が少なく済むので行いましょう。

自己破産するが保証人が支払えば車は?の体験談3

質問

妻が自己破産する予定なのです。
車が我が家には1台しかないのです。
自己破産後も手元に車を残したいと考えています。
名義が妻で連帯保証人が妻の父です。

ローンであと100万くらいは残っています。
今名義変更した場合自己破産できなくなりますか?

名義変更してどのくらいの期間を空ければ自己破産可能になりますか?
連帯保証人が支払えば車は手元に残るのでしょうか?

回答

自己破産自体はできなくはないと思います。

免責が出なくなる可能性は十分にありますね。

連帯保証人が残債を支払ったにせよ、名義はあくまでも奥様
ですから、財産として処分されます。
自己破産をする上で絶対的に必要なことは、「欲はださない」
ことです。

そのお車は諦めて、中古車を現金で買うとよいでしょう。

支払えなくなってしまったときに保証人に迷惑がかかるので気を付けましょう。